子供の言葉の発達を促す方法!遅いと心配する前に実践しよう!

子供の言葉の発達を促す方法!遅いと心配する前に実践しよう!お子さんの言葉が遅いとお感じですか?

心配ですね。

周りの同じくらいの年齢の子供達が、
どんどんお喋り上手になっていく中、

我が子はあまり上手にならない。
良く聞き取れない・・・。

2歳児にもなると、
早い子は、大人顔負けのお喋りを展開する子もいる中、


我が子は・・・「う~ん・・・」と。




そんな悩み、思いで一杯になっていませんか?

押しつぶされそうですね。



いつかはちゃんと話すだろう!

そんな気持ちも持ちつつ、
周囲の人たちにも励まされつつ。

毎日の子育てを頑張っている事と思います。


4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s


今回は、普段の生活の中で、

言葉の発達を促す

「上手な言葉かけの仕方」をお伝えしたいと思います。



私は、障害児の施設で、毎日、子供達と生活し、
療育に携わっています。

その療育のチームには、
「言語聴覚士」も一緒に、子供達の為に仕事をしているんですよ!

※言語聴覚士とは、言葉や聞こえの専門家です。



その言語聴覚士から、直伝!
私たちが、障害児保育の中で、実践している、

「言葉の促し方」を一緒にみていきましょう!



これは、教室などに通わなくても、
お母さんが、毎日の生活の中で、
実践できるものです。




必ず、役に立つ簡単な方法なので、
是非、ご家族で、意識して、取り入れてみてくださいね♪

それでは、どんな方法が

「上手な言葉かけの仕方」なのか?

お母さんなりにアレンジしながら、考えてみてくださいね。



スポンサードリンク






子供の言葉の発達を促す!上手な言葉かけの仕方



それでは、お母さんが簡単にできる、
色々な方法を、お伝えしますね!

継続は力なり。

どうぞ、お子さんの事を思い浮かべながら

読みすすめていってくださいね♪


①子供の動きを真似る


言葉ではなく、動き?!と、
侮ることなかれ!

これが気持ち育てや、言葉育ての、基盤を作る事になるのですよ♪

自分と同じ動きをしてくれる大人に、
子供は興味を持ち

次もまた、真似してくれるかなー?と
大人の様子を観察しながら、
更に、色んな動きをしようとしてくれます。


色んな身体の動きを、しようとする事は、
色んな身体の使い方を習得する事にもつながり、



身体が育つ→気持ちが育つになってくるので、

気持ちが育つ→表現したくなる(身振り、手振り)に、
つながるんですよ!



身振り、手振りは、お喋りの第一歩です!



これは、大人に興味を持つ方法です。
期待したり、応えてもらって満足します。

言葉でのアプローチではく、身体の動きからでも、
子供に接してするうちに、

子供は、なんだか楽しくなってきて、

自分から何かを表現したい!伝えたい!気持ちを育てます




スポンサードリンク



②子供の出す声や音を真似る



人間は本能的に、「同じもの」「似たもの」を探す習性があります。
ですから、良く聞こうとしますし、

まねっこ遊びは、楽しいですから、興味を持ちます。


「ぶーぶー」「あーあーあー」など、
意味のないような声を真似して、返してあげる事で、

子供は「音を出すこと」や「音を出すと同じ音が返ってきて楽しい」と
感じる事ができます。



これも、動きを真似ると同じで、
大人に期待し、応えてもらって満足していきます。



伝わった!と満足し、
「ぶーぶー」「あーあーあー」なりに、
子供は、お話する事を楽しめるようになります

そうするとお母さんも、
「何か返事をしている?」
「何かを言っているなー!」と

お子さんとのお喋りが楽しくなりますよ!



③子供の状態や気持ちを代わりに言葉で言う


子供の気持ちを、お母さんが代弁するだけで、

大人は「僕(私)」の気持ちを解ってくれているんだな!という
安心感につながります。



  • 子供の動きに合わせて、代弁する

  • 子供が上下に弾んでいたら、
    「ピョンピョン!」や「いっちに!いっちに!」など。

    また滑り台をすべっているときは、
    「しゅ~~~~!」「どーん!」(着地したとき)

  • 子供の見ているものに合わせて代弁する

  • 「電車だねー!」「あれ?うさぎさんかなー?」など
    子供が何をみているのか?
    何に興味がるのか?を良く観察して、お話してあげてくださいね♪




    スポンサードリンク




    さいごに


    今回は、3つの方法をお伝えしました。



    • 子供の動きを真似る

    • 子供の出す声や音を真似る

    • 子供の状態や気持ちを代わりに言葉で言う


    どれも、簡単だし、もう既に実践していて、
    目新しいものでは、なかったのかもしれません。

    しかし、これを継続する事が、凄く大切なのです。

    「言葉が遅い」と悩んだり、嘆いたり。


    時には、イライラしたりもするでしょう。

    しかし、この3つの方法を実践していくうちに、

    言葉にならない、「表現」に気付くときがきます。

    それは、お母さんにとってとても当たり前の事かもしれません。



    だって、赤ちゃんの時から、

    「あー!おなかが空いたのね!」「オムツ汚れた?」と
    言葉ではない方法で、お子さんと沢山お話してきたはずですから!



    言語ではない「表現」を、
    ちょっと大きくなった、今でも少し気をつけて、拾ってあげてくださいね!




    あなたのお子さんは、きっとたくさん色んな事を、お話しているはずですよ♪



    1ce593ecc6fcfa9237d95f13f72913c7_s



    そして、お母さんのちょっとした意識的な関わりが、
    また、お子さんの言語能力を少しずつ高めていきます。



    基本的な関わりを、実践あるのみ。

    ちょっとした変化に気づく日も、近いはずです♪

    笑顔で、お子さんと遊びながら実践してみてくださね!


    それでもまだ心配!っていう場合は、
    市町村の保健センターなどに、相談してみましょう!

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ