節分の柊の飾り方!子供と牛乳パックで手作りして玄関に飾ろう!

節分の柊の飾り方!子供と牛乳パックで手作りして玄関に飾ろう!節分といえば!

柊を玄関に飾りますよね。

毎年、ドアノブにくくりつけるだけじゃ、
綺麗ではないし、可愛くない・・・。

そんな風に感じていませんか?


また、玄関に飾るというのは、
わかっているけれど、

どう飾っていいのか?が分からない。
そんな気持ちで、玄関に柊を飾らずじまい・・・。

そんな事になっているのかもしれませんね。



今回は子供と一緒に手作りしながら飾れる

牛乳パックを使っての柊の玄関飾りをご紹介しますね♪



この柊のチクチクを嫌がって、

鬼はお家に入って来れないんだよ~とお話しながら、
工作してみてくださいね♪

子供は、柊のチクチクを感触で感じるので、

鬼が入って来れない理由が,明確に理解できますよね♪



この機会に柊に触れて

お子さんと楽しく工作しましょう♪





では!

どんなものか?
みていきましょうね!


牛乳パックで作る柊の玄関置物はコレ



ではどんなものか写真からみていきましょう♪

じゃーーーん!

IMG_5665
どうですか?

節分らしく、鬼の玄関置物です♪

子供にも、鬼という節分特有の、季節のものを、

感じてもらえる、作品になると思います♪



簡単なので、是非手作りしてみてくださいねヽ(*´∀`)ノ

それでは次は準備物からみていきましょう!


スポンサードリンク




柊の鬼さん玄関飾りの準備物は?!



ではでは!
用意するものをみていきましょう!

本当に簡単に揃うものなので、すぐ用意出来ますよ♪

  • 牛乳パック(1000mlでも500mlでもOK!)

  • 画用紙(赤・黄色・水色・黒・白)

  • のり

  • セロテープ

  • 金テープ(無くても大丈夫)


  • 木の枝




なんとなく、「できそうかなー?!」と、

ここで感じましたね♪

それではいよいよ!作り方です★


スポンサードリンク




柊の鬼さん玄関飾りの作り方



それでは順番に、みていきますよ~!


材料が揃っている場合は、
ココを順追って、見ながら作っていきましょう。


ココに載っている通りに、しなくても大丈夫!

お子さんに合わせての、アレンジも、お母さんの腕の見せどころです!

では、はじめていきましょう!


  1. 牛乳パックを用意します。
    500mlなら、そのまま使えますが、
    1000mlの場合は、大体、半分に切り落とし、

    上部、注ぎ口が残っている部分を使います。

    写真は、1000mlを半分に切っています。


    IMG_5653


  2. 牛乳パック全体を赤の画用紙で包みます。

    この時、きっちり包まなくても、
    シワやちょっとしたズレがいい感じに仕上がる場合があるので、

    お子さんに、自由に包ませてあげたりしてくださいね♪


    IMG_5654


  3. 次に下から三分の一くらいを黄色の画用紙で、
    一周巻きます。

    鬼のパンツの部分になりますよ!

    IMG_5655


  4. 角を付けます。
    形や、色、を決めたり、
    1本角にするのか?二本にするのか?を
    お子さんと話し合って


    自由にやってみてくださいね♪


    IMG_5656


  5. 手と顔を貼り付けていきますよ~
    これも、お子さんと相談して楽しく自由にやってみてください♪


    IMG_5659

    手は折り目を付けて、
    そこにのりを付け、両サイドに貼っているだけです。


    IMG_5657


  6. 鬼のパンツに模様をかきます♪
    画用紙を牛乳パックに貼り付ける前に、
    模様を書いてもOK!


    IMG_5660



  7. スポンサードリンク





  8. さていよいよ!
    柊の登場です♪

    鬼の頭の部分に、数枚貼りましょう!

    セロテープかボンドがおすすめです!


    IMG_5661

  9. 仕上げに
    鬼の角をシマシマにして、

    金棒をイメージした、小枝を持たせています。

    金棒と角にはキラキラテープを使用!

    「ラピー」です♪

    IMG_5664


  10. はい♪

    できあがり~ヽ(*´∀`)ノ


    IMG_5665


いかがでしたか?

アレンジ次第で、かわいいのが、お子さんと作れますね♪

次はアレンジはどの部分で、出来そうか?

一緒に考えていきますよ!



柊の鬼の玄関飾り!アレンジするならどの部分?!



作り方の所でも、アレンジはお話してきましたが、

ここでまとめてみますね♪



  • 形的に牛乳パックが使いやすい、手作り柊の飾りなのですが、

    なければお菓子の小箱でもOKですよね♪

    柊の貼り方を少し考えれば大丈夫そうですヽ(*´∀`)ノ



  • 画用紙の色、角の形、角の本数。
    鬼の表情
    手の形、位置。

    手に持つもの。

    これらすべてアレンジ可能です♪

    私は、手に柊を持ってもかわいいかなー♪
    と思っています。

    顔や手もクレパスやマジックで書くだけなら簡単!




  • 柊は売っていますが、
    小枝などは、道端に落ちているものを使用できますね。

    柊も自然に採れる所があるのかもしれません!

    お散歩がてら、探しに行ってみましょう!



    この時期。
    小枝拾いと同時に、どんぐりがまだ落ちているところがあります♪

    そんな遊びもしながら、
    この手作りの玄関飾りに、

    どんぐりをボンドで貼り付けるのも可愛いと思います♪



  • この鬼の柊飾りは、置物としてご紹介してきましたが、

    玄関の中だけでなく、
    紐を付けて、ドアノブにかけておくのも可愛いと思います!

    他にも、玄関ポーチなどに、電灯があったりすると、
    そこにも工夫して、掛けたり、置いたりできるのかもしれませんね♫

    玄関スタイルに合わせて、アレンジしてみてくださいね!

    もちろん!お子さんと、相談も忘れずにヽ(*´∀`)ノ




さいごに


今回は節分の、柊を使った、

玄関の飾りをご紹介しました。


玄関の置物としていいですね。


子供としても、自分自身が作ったものが、

丁寧に飾られている様は達成感や自信につながり、

とても嬉しいと思います。


何より、

節分には、柊を玄関に用意する。

その理由は、「鬼(厄)が家に入れないように」

その「チクチクを嫌がって、鬼(厄)が入ってこれない」

というのを、感触や、作ったという経験から、

しっかりと理解し、


また次の世代に伝えるという、可能性を持ったものとなります。


日本の文化。

大人が楽しく子供に伝えていきましょう!


ぜひ作って、飾ってくださいねヽ(*´∀`)ノ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ