幼児の手作りおもちゃ!紙コップを使った遊びで集中力アップ!

幼児の手作りおもちゃ!紙コップを使った遊びで集中力アップ!紙コップで、手作りおもちゃができないかなー?と、

お探しですか?!



ご来店ありがとうございます(笑)


今回、このページでは子供に大人気の
紙コップを使った、手作りおもちゃをお伝えしますね。



このおもちゃは5歳くらいの幼児さんから、小学生まで楽しめるものです!


子供自身が、作って遊べるものなので、
とても、愛着が湧くものになると思います。



私は保育の現場で仕事をしているのですが、



このおもちゃは、3歳、4歳の子も気になる様で、
上手く扱えなくても、
なんとなく手に取り、大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんがやっている事を、

真似して遊んでいます(笑)


魅力的なのでしょうね?!(笑)



もちろん、5歳さんくらいになれば順番待ちしながら、
楽しく遊んでいますし、小学生でも、充分楽しめるものなんですよ!



先日、私のお友達のお子さんが、小学校の図工で作ったと言っていました!




小学生の夏休みの宿題!自由研究的な工作のにもなりますよー!
日本の伝統的な遊びなのでピッタリだと思います。




では!
そんな魅力たっぷりの手作りおもちゃをみていきましょうね!



スポンサードリンク





昔ながらのおもちゃ!けん玉を手作りで作ってみよう!



さてさて!
今回はけん玉です。


まずは完成品からみていきましょうねヽ(*´∀`)ノ


手作りけん玉

じゃーん!

こんなのです。

紙コップっていろんなサイズがありますよね?

紙コップのサイズを選べば
大小の、色んな大きさのものが作れます。



まだ、けん玉は難しそうだから、口の大きな紙コップにしよう!など、
お子さんの、年齢や発達に合わせられますよね!



さて!
どんな材料を揃えれば、出来るのか?

一緒にみていきましょうねヽ(*´∀`)ノ


それではいってみましょう!


スポンサードリンク




紙コップでけん玉を作る!まずは材料を揃えよう!


楽しい♪楽しい♪
紙コップけん玉の材料です♪


身近な材料でできますよ!

お家にないものは100円ショップで、
揃えられるものばかりー!

それではチェックしていきましょう!

  • 紙コップ(3個)


  • トイレットペーパーの芯2本(ラップの芯1本でもOK)


  • 色画用紙1枚(好きな色で!)


  • ビニール袋(買い物で貰ったものでOK!)


  • ビー玉(数個)


  • 新聞紙1枚(広告紙や、雑誌の紙でもOK!)


  • 紐(30cmくらい)


  • セロハンテープ


どうですか?

お家にあるものや、
100円ショップなどで、簡単に揃いそうなものばかり♪

ここまできたら、お子さんと楽しく作りながら、

一緒に遊ぶ所まで、イメージ出来たのではないでしょうか?



それでは次は作り方ですよー♪


材料が揃っているのなら、
作り方を見ながら、このまま作っていきましょうねヽ(*´∀`)ノ



スポンサードリンク





紙コップの手作りけん玉!作り方はどんなの?!



では作り方ですよー!
用意はいいですかー?!(*´∀`*)


  1. 2つの紙コップの、底の部分同士を貼り合わせます


  2. 手作りけん玉の作り方

    簡単ですね~♪



  3. トイレットペーパーの芯を、セロハンテープで、

  4. 2本つないでおきましょう!



    そして、それに色画用紙を巻きつけて貼り
    キレイにします。

    手作りけん玉の作り方

    これが、持ち手の部分になりますよ。




    今度はハサミを登場させましょう!

  5. 3個目の紙コップを用意し、

  6. 底をくり抜き、
    写真の様に、底の周りに切り込みを入れます。

    切り込みを写真の様に広げておきますよ~

    手作りけん玉の作り方
    はい!簡単♫


  7. さっき作った、トイレットペーパーの持ち手にも、

  8. 片方の端のみに、細かく切り込みを入れてくださいね。

    これも切り込みを広げておきます。

    手作りけん玉の作り方


    それでは貼り付け作業ですよ!

  9. 底と底を貼り合わせた、紙コップを、

  10. 横に長く置き、

    切り込みを入れた、紙コップとトイレットペーパーの芯を、
    縦にセロテープで、上下に貼り付けます。



    写真↓↓↓のように、
    十字になるように貼りましょう!

    切り込みを本体に付ける感じで貼ります。



    切り込みが細かく入ってることで、
    本体の紙コップのカーブにも対応できますね。



    手作りけん玉の作り方


    けん玉の「玉の部分」を作ります。



  11. 広告紙にビー玉を数個入れ、包みます。


  12. ふわふわした玉になりますが、
    ビー玉なしでも、遊べますよ!


    手作りけん玉の作り方


  13. ボール状に、形を整え、

  14. ビニールの袋にいれましょう!

    ビニールで包むだけでもOK!

    手作りけん玉の作り方

    この時、紐の端も一緒に包み込んで、
    テープで貼るといいですね。


    この時!ビー玉入りだと、飛んでしまっては危ないので、
    しっかりと貼り付けましょう!



  15. 最後にけん玉の本体にもテープでしっかりと、

  16. 紐を貼り付けたらできあがりー。


    装飾として、これは、色画用紙をハサミで切って、
    けん玉に貼り付けています!

    こんな飾りを付けるのも、面白いですね(*´∀`*)



    手作りけん玉


どうでしたか?

簡単に出来上がりましたよね♪


次は、遊ぶときの注意事項をみていきましょうヽ(*´∀`)ノ



手作りけん玉で楽しく遊ぼう!ちょっとした注意で安全に!



せっかく作ったおもちゃ。
楽しく遊ぶには、安全に気を配る事が大切です。




これは、ビー玉の入った玉の部分を振り回す事にもなるので、
小さな子供が持つ場合には注意が必要ですね!



年齢に合わせた、紐も長さにしましょう!
5歳さんなど、幼児さんには、紐の長さが短めがおすすめです。

遊ぶにも簡単ですし、振り回すにしても、
短いほうが、危険度は低くなります。



周りに人がいないか、確かめるように、
子供に伝えましょう!
子供がこの遊びをするのに、なかなか大人の様にはいきません。

ブンブン振り回して、カップイン♪
それが面白いのですが・・・(笑)

玉の中身にビー玉が入っている場合は要注意!





しっかりルールを伝えて、楽しく遊びましょう!



紙コップで作るけん玉で遊ぶとこんな力が付く!



まずは、けん玉の遊びからみてみると、
を紙コップのカップに入れるという事が目的です。


なので、何度も練習して、カップインさせるのですから、
集中力や根気が養えるおもちゃですね!


また、どの程度の力で、玉を振り上げるのか?
そんな事の微調整ができるようになります。



自分の意思で身体の微調整ができる。



これって、小さなうちからやっておくと、

「微調整する」っていう事の意識が、知らない間に育ち、
心の微調整にも繋がってきますよ!


ちょっとしんどいけど・・・
ちょっと自分の視点をずらしてみよう!って。


心と身体は繋がっているのです(*´∀`*)


そんな素敵な!
手作りけん玉★お母さんと一緒に作って、一緒に遊べば、


愛情タップリで、思い出に残るものとなります!


小学生にもなれば、周りのお友達も巻き込んで、

ルールのある遊びに自分たちで作っていくでしょう!




ちょっと安全面に気をつけて、楽しく遊べますように(*´∀`*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ