夏遊びの保育で使える泡遊び!フワフワ泡の作り方や生活遊びへの発展の仕方!

夏遊びの保育で使える泡遊び!フワフワ泡の作り方や生活遊びへの発展の仕方!夏になると、保育所や保育園では、
水遊びにプール!と、
楽しい夏の遊びが一杯ですよね。


私の勤務する保育の施設でも、同じです♪



毎日楽しい夏の遊び。
水遊びの中に、ちょっとひと手間かけるだけで、
子供達は、大喜びしますし、
新しい経験を得ますね。




そのちょっと、ひと手間、ひと工夫を大事に、
保育をすすめている毎日。



なので、今回はそのちょっとひと工夫を、
ご紹介したいと思います!




このページでお話するのは、
「泡遊び」です。


毎日の様に遊んでいる、水遊びの横に、
ちょっと泡があると・・・





「せんせい~!これなに!?さわっていいー?」と、
子供達は興味津津です!

もちろん、そんな事聞かずに遊びだす子供も沢山います(笑)



そーなるとですね。
もう泡だらけ(笑)


私の勤務する保育施設では、
金ダライで、泡を用意するのですが、
周りは泡だらけだし、
タライの中には何人もギューギューに入っているし(笑)


それはもう大変です(笑)



これが実際に使用した金ダライ。

泡遊びの金ダライ





保育士の私も、一緒になって楽しませてもらっています♪




さて!今回はその泡遊びの泡の作り方や、
そこから展開する遊びの工夫をご紹介しますね!




では、次の章でフワフワの泡の作り方からです♪



スポンサードリンク






泡遊びの泡の作り方!準備するものはコレ!



準備物の確認です。

写真でも確認しましょう。
泡遊び準備物


  • 泡を作る容器(私の園では、金ダライに直接作っていきます)


  • 固形石鹸

  • 砂糖

  • ボディタオル(これが一番オススメ!)
    ※普通のネットでOK!洗顔用の泡立て用品など


すぐ用意できるものばかりでしょう!



泡の持ちを良くしたり、泡立ちやすくするために、
砂糖を入れると良いんです。


ボデイタオルは、大きさもあるので、
大量の泡を作るのにとても便利なんですよー!








準備も出来た所で、
泡の作り方も一緒にみていきましょう!


では次の章へ~GO!




スポンサードリンク





保育で夏の遊びを子供と楽しむ!泡遊びの作り方!


写真と共によーく見ていってくださいね!



  1. 容器に水を適量入れます。




  2. 固形石鹸をボディタオルでゴシゴシしながら、
    容器の中で泡を作っていきます。

    泡遊び泡の作り方


  3. 少ししたら、手で泡立てていきます。
    水と混ぜるように、泡立てるとGOOD!

    ※金ダライの場合は、腕も使って混ぜていきます。

    泡遊び泡の作り方





  4. 適度に泡ができてきたら、
    砂糖を適量入れます。

    この位のボールだと、角砂糖1個分くらい。

    泡遊び泡の作り方

    ※直径1メートルくらいの金ダライの場合、
    砂糖は、一掴みくらいです。

    経験上、泡立ちが良くならないからといって、
    砂糖を増やせば良いっていう訳ではありません。

    やっぱり頑張って石鹸ゴシゴシです(笑)




  5. 更にボディタオルで固形石鹸をゴシゴシして、
    水が見えなくなるくらい、フワッと泡ができたら完了!




20分くらい経った後でも、まだこんなにフワフワ!

泡遊び泡の作り方



子供達の反応を楽しみに待ちましょう!




大根おろしを作る時に使う、おろし金
これで石鹸をおろして
粉石けんを作り、
子供と一緒に、じゃぶじゃぶボディタオルで、
泡立てる方法もあります(*´∀`*)

すぐ泡立つので、子供でも簡単!





それでは次に、そんな泡遊びから展開する、
遊びの工夫について、お話したいと思いますヽ(*´∀`)ノ




スポンサードリンク





泡遊びから発展!洗濯遊びで生活の力をつけよう!



私の働いている保育の施設では、
泡遊びを沢山遊んだ後に、洗濯遊びに展開する事が多いです。




2・3歳だど、まだまだ、泡の感触遊び(感覚遊び)で終了しちゃいますが、



4、5歳になると、汚れたら洗う事や、
洗濯の過程にある、「絞る。干す。洗濯ばさみを使う。」など、
細かな事もできますし、
自分で洗濯したものは、絞ったり、干したりしたがる子も、
沢山いるんですよ!



どんな風に洗濯遊びになるのかといいますと・・・


  1. 水遊びで濡れた服を、せっかくだから、
    この泡で洗濯しようか!と保育士が持ちかける。
    (時々、子供からそんな提案が出る)



  2. 金ダライの中に自分の服を入れ、
    洗濯機の様にグルグルまわして遊ぶ。
    (これが結構盛り上がります)

    ゴシゴシ洗う事も手本を見せると、
    やりますよ!



  3. 服を取り出して、絞る。
    これが結構難解!
    服を絞るって結構大変なんです。

    それでも、一生懸命に絞ります。

    この時、普段から雑巾しぼりさせてあげよーって、
    保育者として思います(笑)




  4. あらかじめ用意しておいた、簡単な物干しや、
    園庭にロープを張っておいた所に、
    洗濯ものを干しにいきます。

    保育士が絞り直しはしません。
    ボトボトでも自分が絞ったものを干します。



  5. 午後帰る前に、洗濯ものを取りにいきます。

    乾き具合はどうだろう?

    自分で感じたり、友達と比べたりして、
    色々子供達は感じるようです。



  6. 洗濯ものをお部屋でキレイにたたみます




  7. そのまま家に持ち帰ります。
    子供は今日、洗濯したとお母さんにお話し、
    大事そうに持ち帰ります



もちろんお母さん達には、
金ダライで遊びの中で洗ったので、
こっそり、もう一回洗濯してくださいと、
お願いしますが(笑)





こんな感じで展開します!





泡遊びが、生活の力を付ける洗濯遊びに展開し
洗濯に興味をもつ。

もっとやってみたいと思う子は、
お家でのお手伝いにも繋がっていくでしょう!



楽しい感触遊びだけでなく、
こんな一連の流れを、あなたのクラスでも体験しませんか?






さいごに




今回は私の大好きな遊びを、紹介しました!


楽しく遊んで、それが生活の力になる!

これって最高だと思いませんか?



そんなちょっとした工夫や手間を、
楽しい遊びの流れから展開して、
子供の力になる!


そんな遊びを沢山取り入れられる、
保育者で居たいな!と日々思っています!



このページが、
参考になれば嬉しいです!

2 Responses to “夏遊びの保育で使える泡遊び!フワフワ泡の作り方や生活遊びへの発展の仕方!”

  1. かな より:

    1歳児で泡遊びをしたいのですが、目や口に入っても大丈夫な洗剤や石鹸などないですかね?

    • kikohayaka より:

      かなさん
      ご質問ありがとうござます!
      私達は市販の石けんを泡立てていますが、
      大きな事故はなくやっています。
      これなら大丈夫!という、石けんは無いのですが、
      赤ちゃん用の石けんを使用すると、なお安心ですね。
      泡だけでなく、常に近くで水遊びも並行しているのもポイントです。
      すぐに洗い流せますよ!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ