また明日製作しようねが楽しい!保育で秋の壁面「くりの木」を製作したらこうなった!

また明日製作しようねが楽しい!保育で秋の壁面「くりの木」を製作したらこうなった!秋の壁面飾り!
かわいいのができました♪

子供たちが何日もかけて、
楽しく作った作品です。




運動会も終わって、さて次!って時に、
3歳児クラスでは、ハサミの練習などしますよね!




そんな、ハサミの練習を始めた、
3歳児さんにも最適!

もちろん!
やり方によって、2歳児さんでもOK!

4歳児・5歳児さんでも、楽しく工作できます。


それでいて、今回は数日かけて
じっくりと秋の壁面製作に、取り組めるものを、
紹介しますね!


何日もかけて製作すると、
見通しが持てる力が、養われます♪


数日活動するので、
たくさん子どもの手が加わり
壁面飾りは、こんなに可愛くなるのね~♪

と、
なっちゃうわけです(笑)



今回のこの作品も、
クラスの子供たちの、お母さんたちに大好評!


そして、子供達も、
自分たちで色々たくさん手を加えたので、
「やった!できた!」と満足気です♪




まず、そんな作品を披露したいとおもいます。

それから、準備物→作り方と一緒にみていきましょうね!



それでは!GO~♪




スポンサードリンク







秋の壁面飾り!子供達と一緒に工作いたくりの木の完成作品!



それでは、写真で~すヽ(*´∀`)ノ


保育 秋の壁面飾り

どうですかー!
かわいいでしょう!


いがぐりに入った「くり」も、
もちろん、子供達がハサミとのりを使って製作し、
くりの「木」の部分も、子供達がしっかりと、
お絵描きをしました。



何日もにわけて、少しずつ完成していった、
お部屋の栗の木!



愛着がないわけがありません!




今年は是非!あなたのクラスでも挑戦してみてくださいね♪



それでは次の章で、準備物からみていきましょう!




スポンサードリンク






可愛いくりの木の秋の壁面!準備物はコレ!



今回は3日かけて、製作するので、
日にちごとに、準備物をおさえましょう!


一日目の準備物



秋の壁面 保育
  • はさみ

  • 画用紙(1枚目写真の皿の中。ハサミで一発で切れるサイズにしておきましょう)

  • 皿など入れ物(ハサミで切った紙を、入れます)

  •     
  • 水溶きのり(子どもの手が入るくらいの容器があればGOOD!)

  •     
  • 丸く切った画用紙・茶色系(イガの部分です。直径20cmくらい)
    ※二日目の写真を参照してくださいね↓





二日目に準備するもの



秋壁面 保育

  • 画用紙(くりの形に切っておきます。大人の手のひらより小さめ)




秋の壁面 保育



三日目に準備するもの



保育 秋の壁面飾り
  • 白の画用紙(木の部分です!好きな形でどうぞ~お部屋に貼りたいサイズで)

  • クレパス(緑系)

  • ダンボール(幹の部分)



では!続いて、作り方へGO~♪




スポンサードリンク







秋の壁面!かわいい栗の木の作り方はコレ!



作り方も、実際にわたしが保育で、
製作した順に書いていきますが、


どの順番でも構わないとおもいます!

クラスの子ども達に合わせて、製作してくださいね♪


一日目



  1. ハサミで、画用紙を一発切りさせてあげます。
    ※一発切りとは、ハサミを一回握れば切れる切り方です。

    秋の壁面 保育




    何度も一発切りさせてあげましょう!
    沢山切れるかなー!

    連続切りで、サクサク切れる子には、
    長い紙を、用意してあげても良いですねヽ(*´∀`)ノ


    これがイガのチクチクを表現する事になります。






  2. イガの部分の土台です。

    直径20cm位の画用紙に、のりを塗ります。

    普通に指で塗るより!

    秋の壁面 保育
    入れ物のりを少し溶いてあげて、
    「ぬりぬり~」とフィンガーペイントのように、
    手全体で塗る「感触遊び」を取り入れてもGOOD!




  3. のりを塗った、土台に、
    先ほど一発切りした、画用紙を、
    「パラパラパラ~」と落として、貼り付けます。


    のりが付いた手でOK!
    一発切りの画用紙も含めて、
    ぬりぬり~感触はいかがでしょうか?!




このあたりで、1日目終了!
乾かしましょう!



二日目




くりの木に絵の具で、スタンプします!

このスタンプは、本当に重宝します~ヽ(*´∀`)ノ


秋壁面 保育


二日目も、これにて、
乾かしましょう!




三日目




  1. 画用紙とダンボールで、
    木の土台を作っておいて、
    クレパスでグルグル殴りがき!

    保育 秋の壁面飾り



    もちろん葉っぱを描いてもOK!






  2. イガとくりを貼り合わせて、
    「イガグリ」にしちゃいましょう!

    秋 壁面 保育



  3. そして、木にぺったんこ!


    完成!




どこから、作成するか?は自由です!

クラスの子ども達と相談しても良いですね♪




製作で、見通しのある保育を!




今回は、このブログでは珍しく!
数日に分けた、製作をしました。


私の働く保育の施設では、
良くこんな保育の仕方をします。



生活の中でも、見通しは大事ですよね!


製作でも、
「絵の具が乾いてないから、あした!」
「このパーツが足りないから明日作ろう!」
「もう少し増やしたほうがいい!」

などなど、子供達は自分で、
明日また遊ぼうね!明日また作ろうね!の、
見通しを立て始めます。



これって凄く大切だとおもいます!



自分の活動の前後を、見渡すこと。
ですよね。


それは、今やってること。の狭い範囲だけでなく、
広い視点を持てているという事なのです。



そんな力を制作で子供達に是非!
付けてあげて欲しいとおもいます♪



今回の栗の木も、
わざわざ、のりをフィンガーにしたり、
クレパスで描いて表現しても良かった、
一発切りの部分。


それでもわざと手の込んだ事をさせて
見通し重視ヽ(*´∀`)ノ


でもその方が、絶対ステキな作品になりますよね♪


頑張った分だけ、表現される!

認められる!

褒められる!


そんな経験も沢山できますように♪
ヽ(*´∀`)ノ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ