ピアノの処分!スムーズな方法は?電子ピアノの場合は?

ピアノの処分!スムーズな方法は?電子ピアノの場合は?

思い出のピアノ




おそらくこのページをご覧になっている方は
ピアノを売りたい、または処分したいと考えていらっしゃる方でしょう!





思い出のピアノ





手放すのを躊躇したりしませんでしたか?

または、スッキリ!さっぱりでしょうか?





もしかしたら、ピアノの上の物を、どける事すら
面倒でまだまだ何も事を起こしてないのかもしれませんね。

私はというと処分を決めるといち早くピアノの上の荷物を動かしたものの
どちらかというと躊躇の方でして・・・(笑)





引越しにあたり、もう弾かないかな?と思ったのはいいのですが、
祖母に買ってもらった思い出のピアノ。



すこーし躊躇し、また自分自身も幼い頃から
このピアノに触れて練習し、発表会に何度も出場してきた
思い出が蘇るのです





その度に「処分するの・・・どうしようかな・・・」でした





今でもピアノを習っていたその場面を振り返ると場面が思い出されて、
曲が聞こえ、その場面がイメージされるほどです
音楽による印象は強いものですね。





しかし売ったり、処分する方法を調べたり考えたりするうちに
だんだんと処分脳へ。






行動ってすばらしい!(笑)




処分かな?と思っていても、もしかしたら売れる代物かもしれません。
その辺はプロの査定業者に問い合せてみましょう!







まずは、売る気持ちで挑み、古くて処分しか道がなくても
「まぁ。始めからそう思っていたけど!一応聞いてみたんすよ~」的な
スタンスで(笑)







そんな私の行動記録がお役に立ち、笑顔になれば!と思います。

おばあちゃんにはお墓参りで「ありがとう!」って伝えますね♫



スポンサードリンク






査定に出す前に





売るにしても、処分をするにしても
業者を手配する前にやっておくことがあります



まず。お持ちのピアノが「アップライトピアノ」なのか
「グランドピアノ」なのか「電子ピアノ」なのか
「電気ピアノ」なのかを






キチンと認識して調べる事です

※アップライトピアノとは所謂、一般的に一番ピアノらしいピアノです







当たり前の事なのですが、
この私。うちのピアノは「電気ピアノ」なのですが、

ピアノというワードだけで検索しまくり、無料見積もり応募フォームにたどり着いても



「・・・え?」状態だったのです・・・(涙)



製品番号などは、アップライトピアノと電子(電気)ピアノでは全く書いてある部分が違いますし

または業者もアップライトやグランドピアノ専門。電子(電気)ピアノ専門と違うのです。







まず。お持ちのものがどれに当てはまるのか認識しましょう



もしかしたら・・・「キーボード」かもしれませんよ?(笑)





ちなみに私の電気ピアノ。(ヤ○ハE-202)
電気を通して音量調節などをができるものなのですが、
通常のアップライトピアノと同様で弦が張ってあるもので200キロくらいあるそうです


このなんだか稀な状況が私が調べるのにやっかいだったところ。
アップライトピアノではなく、電子ピアノでもない・・・実際困りましたが




わかったことは普通のアップライトピアノと同様にみるということがわかりました!






どこの業者も無料見積もり査定フォームで聞かれるものがあるので





ここにまとめておきますね。






査定をする前に調べておくこと





分類 → グランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノ、電気ピアノ等



メーカー → ヤ○ハ、カ○イ、その他



機種名 → 例AF3など
アップライトピアノは上蓋を開けて中を覗き
背面、向かって右側あたりに記載されています



グランドピアノは譜面台を奥までスライドさせて
右端を隙間から覗いて確認しましょう



電子(電気)ピアノは鍵盤のしたあたりを覗き込んだ部分。
または電子ピアノの背面



製造番号 → 例123456
アップライトピアノは上蓋を開けて中を覗き
背面、向かって左側あたりに記載されています



グランドピアノは譜面台を奥までスライドさせて
右端を隙間から覗いて確認しましょう



電子(電気)ピアノは鍵盤の下を覗き込んだ部分か
または電子ピアノの背面



※機種名・製造番号記載場所は機種によって異なりますが
大体、このこれでわかると思います
わからなければメーカーに問い合わせます



ペダルの数 →2本 or 3本



ピアノ設置階やエレベーターの有無 →これによって値段が変わってきます



あとは、名前、住所、電話番号、質問があれば質問フォームに書きます



これだけ調べて挑めば、大体どの会社、企業のインターネット査定フォームも大丈夫でしょう

電話で査定をお願いする場合でも大丈夫です




スポンサードリンク







さて!査定してもらいましょう!





査定に出す時には、数社に査定してもらい、
自分のピアノが大体どのくらいの値段が付くのか把握しておくのが基本です






大手は安心ですが、査定料、出張料、送料と何かと
必要経費がかかる場合もあるので

その辺りもしっかりと調べて決めるのが良さそうです。

中には25社の中から一括で5社に見積もりを出してくれる
便利なサイトもありますよ。







また、中には高額な査定をつけて、本査定に来てもらったら
いろいろ難癖つけては、その高額から値段を下げ、
高額な出張料を取る所もあるようです。気をつけましょう!


例え中堅業者であっても、既に買い手が決まっている時などは
思いのほか高額で買ってもらえる場合もあるようです。









20年くらい経っていてもアップライトピアノだと
高くて15万くらい。安くて2万くらいの値段がつく場合もあります。

ヤ○ハ・カ○イなどのピアノだとやはり少々高く査定されるようです




査定前には古いピアノでも念入り掃除をしピカピカにしておきましょう



人間と同じでピアノも第一印象が決め手!



査定する人も人間ですから良い印象を与え
綺麗に丁寧に扱っています感をアピールできるようにしましょう。


ほかに説明書や掃除の仕方などの付属品もあると数千円UPに
つながる場合もあります。




先ほどから何度も書きますが、自分のピアノが何であるのか
しっかり分かっている事が大切です









恥ずかしながら、電気ピアノ所持の私は何も調べず・・・

「ピアノ」という認識でアップライトやグランドピアノ専門業者に
木目調の電気ピアノなのですが、上の蓋が開かないので
製品番号などわかりません・・・




堂々とネットの査定フォームに出した所




丁寧な会社は「査定できません」と返事をいただきましたが、
そうでない所は相手にもされなかったらしく、返事もありません(笑)



どんな事にも言えますが、自分の現在地を分かっていることは大事ですね(笑)








しかしこの失敗は無駄ではなく
丁寧な業者はそれでも「3万5千円で処分します」(私が支払うということ)などの回答をもらい

運送料が必要な所、そうでない所。
そしてマンションなどでは、階数によって値段が上がっていくということが
勉強になりました!




そこで私の35年もの「ヤ○ハ 木目調 電気ピアノ」はその後
電子(電気)ピアノ専門業者に無料査定を依頼しても「売る」ではなく
「処分」の道しかない事がわかり


今度はその処分費用の安い所を
業者の無料査定に出し探す事になりました


住んでいる所の階数などで前後しますが
私の電気ピアノの場合は3万5千円程度




電子ピアノなら9800円くらいで引き取ってもらえるようです










ここで他の方法も考えました!




友人にとにかくピアノを処分する事を伝えてみる!
という手段です。



するとオークションへの出し方などを教えてくれる人

市の「もらってください!」コーナーへの投稿の仕方を教えてくれる人
色々な情報が舞い込んできます




一番嬉しかったのが
友達の娘さんが欲しいとの事!

これは思い出のピアノをまだ現役で使ってもらえるので
一番良い!と思いましたが・・・







ペダル2本の電子ピアノとはいえ
普通のピアノの形の結構しっかりした物なので
その娘さんのお部屋の置きたい場所に私の電気ピアノが入るか?









測って頂いたところ・・・





お部屋に入らないという事で・・・で断念!(涙)




その時、僅かな期待とともに、
ここで友人宅まで運ぶことだけにフォーカスし
運送会社などを調べましたが、近所でも数万円。




遠くだと、業者に処分してもらったほうが安くつくといった印象でした。







この場合。友人ですので、運送料はどちらが払うのか?折半なのか?
しっかり決めておく事をお勧めします。







もう一つ!
もしも自力で運びだす!という力自慢の方がいらっしゃれば、
お住まいの自治体に回収可能か問い合わせてみるのも方法です







多くの場合は回収場所まで自力で出すというのが必須みたいですが・・・
場合によっては、追加料金で運びだしてくれる所もあるようです。




売ったり処分したピアノってどうなるの?





売ったピアノは業者がキチンと手入れをし、調律して
日本で中古ピアノとして販売される場合もありますが

ほとんどは世界各国へ中古ピアノとして輸出されているようです


業者によっては
売主のピアノがどの国へ輸出されたのか
その国の絵葉書で教えてくれるサービスをしている企業もあるようです
うれしいサービスですね




1980頃のピアノブームも去り、
未だたくさんの日本産の高品質ピアノが日本に眠っているとの事。

また海外では中古をいつまでも大事に使うという慣習がある所が多く
需要と供給があるようです。





そしてピアノは70%が木材で出来ているので
リサイクルにもなり有効資源として守られているそうです



エコですね~♫



最近は電子ピアノもしてきちんと手入れをして中古品として
市場に出ているようです。(エレクトーンも同様)



使えないものは普通の電化製品のようにリサイクル分解して
鉄や金属とプラスチック、木などにも分けられ
基板や配線などには希少な金属もリサイクルされているそうです!



これまたエコですね~♪



ピアノを売る・処分するのは一生に一度あるかどうか?な事
また、大きな買い物であったはずですし

ピアノを学ぶ・弾くという事は私もそうですが
長年のお稽古を積んできた思い出の品であるはず。





お部屋のインテリアとしても大活躍ですし
物置としても最高?(笑)






それを処分するのですから
じっくりと色んな業者さんと向き合ってみましょう!

今はインターネットで無料査定してくれるのですから!





この情報がお役に立てれば嬉しいです♫












最後に


ピアノを売って・処分して幸せになる質問です♫


☆あなたがピアノを売る(処分する)のにはどんな意味があるのですか?

☆処分する事で得られるものはなんですか?どんな価値があるのでしょう?

☆周りの環境はどう変化しますか?

☆この経験から誰に・何に感謝する事ができましたか?




今日はここまで!


ピアノ処分しても幸せ♫
hayakaでした♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ