子供の室内遊び!楽しくはさみが上手になる遊びはコレ!

子供の室内遊び!楽しくはさみが上手になる遊びはコレ!子供の室内遊びで、お困りではないですか?^^



雨に雪・・・

最近の日本は、暑すぎですし、冬も体調がイマイチ・・・
などなど外で、遊べない事があるのに

子供達は、全然ジッとしてない!!!

だけど、DVDばかりでは、良くないのもわかってる。。。

「頼むからー!ジッとしてくれ~~~!」
なんて言ってませんか?(笑)

子供にも、色んな事情がありますから、
座れない理由もあるのです。

はい。楽しく、面白くないからです(笑)
もしくは、動き回っているのが、楽しいからです!



今回はそんな時に
ちょっと室内で、簡単・継続的に出来る

「はさみ」を使った楽しく親子で、遊べるものをご紹介します!

是非、室内遊びで困った時に参考にしてみてくださいね♫




まずは、はさみの「効果」「はじめて使う時のポイント」などを
一緒にみていきましょう!



スポンサードリンク






はさみを使うと良いことがいっぱい!





まず、よく耳にするのが
「はさみ」って何歳くらいで、教えたらいいの?

一般的には、2歳くらいから!なんていう説もありますが、

わたしの意見は「興味を持った時」です!

保育所などでは、3歳から使う所もありますし、
幼稚園では4、5歳になれば、ガンガン使うものなので、
そのうちに、身につくものなのですよ!



お母さんが、使っているのを見ていると、
子供って自然に「自分もやってみたい!」って思うのです。

そんなタイミングで一緒に使って、
安全で上手な使い方を教えてあげると良いですね♫



最近は、子供用の「はさみ」も
その成長に、合わせて色々とありますし、

左効き用も、売ってますので、使いやすそうなものを
選んであげてくださいね♫

親子で使える「2人用はさみ」なんていうのもあるので
使い始めのコツを、覚える時なんかは、良いのではないでしょうか?^^

二人羽織の要領で楽しみましょう♫




さて、
はさみの効果ですが、

「手指の動作」「獲得・練習」になるのは、もちろん!



片手ずつ、違う動きをするので、脳を活性化させていきます。

例えば、右手は「チョキチョキ!」、左手は「紙を押さえる、つまむ」
などですね。



そして、「手と目の協応」を促します。
簡単に、説明すると



「目で見て手を動かす事・手を動かして目で確かめる事。」

もっと分かりやすくすると

目で見て、物を取る取った物を、目で確認する」です。



幼い頃に、この経験を、沢山することで、

注意深い動作の習得になり、

生活の中では、着脱や物を運ぶなどの動作を、目で見て
手を動かして、しっかり活動できるようになります♬

また、目でしっかり見る事で、しなくて良い「怪我」なども
回避する力が、付くのですね♫


私が勤務する、発達のゆっくりな子供達が、通う施設でも
この「手と目の協応」を、とても大切にしています。

それが!楽しい遊びをしながらできるなんて!
「最高!」です♫



ちょっと補足で
初めての「はさみ」体験は、よく言われる「一発切り」が良いと思います!

紙は細長く、幅1センチくらい。
紙は、折り紙の紙質より、画用紙のように、しっかりした物の方が、
「切りやすい」ですよー!

声かけは「グーパー!グーパー!」が分かりやすいですね♫


IMG_4862


そんな、「はさみ」初心者のお子さんから、
「はさみ」大好きなお子さんまで!

お母さんと一緒に、楽しめる遊びを、みていきましょうね♫



スポンサードリンク






ストローを切りましょう!可愛いのれん作り




「のれん」を作ります!

IMG_4855

これは制作途中なのですが、
この紐状のものが、沢山出来て、間が、詰まっていく予定です!



準備するものは

  • はさみ

  • ストロー(種類は同じでなくても可愛いです♬)

  • 紐(これは、長さ色々で、スズランテープを割いたものです)

  • ボタン(余りボタン色々で出来ます)




さて!作り方ですよ♫

はさみで、ストローを細かく「チョキチョキ」していきます!
先ほどの「一発切り」ですね♫


IMG_4845


たくさん使うので、ストローがあれば、たくさん切ると良いですね!

この時、ストローを切った瞬間、
ストローが、ピョンピョン跳ねたり、音も面白いので
子どもが、気がついてなければ、「飛んでいったねー!」「音聞いてみてー!」などなど、
声かけして、あげるものいいですね!


そして、なんでもいいので、ストローが通しやすい紐を、用意して
片方を、ボタンで止めておきます

ボタンがなければ、結び目を、大きくするだけでもOK!

IMG_4850


そこへ!
切ったストローを、紐通し!


紐の長さは、色々でOK!

ストローが、入りやすいように、もう片方の紐の端っこは
セロテープで、巻いて、少し固くしています!

IMG_4852


意外と、ストローの長さは短い方が、
子ども達は、やり易い様子です!
(うちのクラスの子供の話ですが・・・)

ちなみに、某有名MCファーストフードの、ストローは穴が大きくて
いい感じです!

タピオカを、飲む用ストローもおすすめ!

IMG_4853

こうやって、ひとつずつ、紐に通していきます♫

どんどん!ストローを、入れていきましょう!

IMG_4854

この紐通し遊びは
意外と、子供が集中して、やるのです!


紐通し自体は
保育所では、2歳児くらいで取り組んだりしますが、

これは「のれん」を作るという、長期的な、「目的」があるので

もう、「はさみ大好き♫」な、大きなお子さんでも、
長期的に、取り組んで、遊べると思います!

1日で仕上げるのは、なかなか難しいですが、
忘れた頃にやる感じでも、全然良いですよね!


お部屋に、ちょっとでも飾っておけば、
途中だという事に、自分で「気付き」ます!


ご近所さんみんなで、協力するのも良いですね♫


そんなに長い「のれん」じゃなくて、構いません。

自分で、紐通ししたものが、
一本、一本と積み重なっていく「喜び」を感じて欲しいと思います!
「自分で、作業した事を、積み重ねる」という経験もすごく大事ですよ♫



もちろん、大人も一緒に遊んで、
一緒に「できたー!」「増えてきた!」を感じれると思いますよ!


何かを「一緒に作りあげる」体験になるのでは?と思いますよ!

ちなみに、うちのクラスは、1年かけて作ろうかと、考えてます(笑)


IMG_4856


あとは、一番、手前の紐のように
間でビーズ(大)をストローとの間に通すのも可愛いでしょ?!



これは「竹ひご」に、紐を輪っかにくくって通しています。

竹ひごや棒にそのまま、結んでいくのも、良いですね♫



この「のれん」完成したら、またココでお知らせしたいと思います♫

後は、のれんに、こだわらず、
はさみで切るだけ。
紐に通すだけ。の遊びでもOK!

単発でも、充分に楽しめます♬

ストローが通った紐が、1本仕上がっただけでも
「できた!やった!」の達成感は味わえると思いますよ♥



ちょっとした、室内遊び。
長期的ですが、雨風の日や、ちょっとした風邪で、外に出られない日を利用して
親子でひとつのものを、作りませんか?

きっと良いお部屋の「インテリア」になりますよ♫

是非、作ってみてくださいね♬

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ