友達からの誘いを上手に断ろう!大人なNOの伝え方!

友達からの誘いを上手に断ろう!大人なNOの伝え方!NOと言えない日本人・・・
なんて言葉が流行った事も、あります。

繊細で優しく、相手を思いやり、「おもてなし」の心を大切にする日本人。
そんなDNAを引き継いてきた、私たちは
何かと「NO」と言えない事で、しんどい思いを、してきたのかもしれませんね。


「NO」と言いたいけれど、上手く言えないなんて事ありませんか?


また、ほんとに、嫌なんだけれども、断り方が分からず、
「自分さえ我慢すれば・・・」「友情関係が壊れるのが怖いから」と

つい「yes」と言ってませんか?

「友達からの誘い」って、断りにくい事もあるでしょう!


7994390c05e617799d09ae4fe3fa3122_s


いくら友達でも、その件には関わりたくない。今日は気分が乗らない
そんな事もあって当然♬

今回は「NO」と言いながらも「信頼度」がアップする!
そんなコミュニケーションの方法を
一緒にみていきましょう!



あなたに合った、日常生活の中での「断り方」が、見つかるかもしれませんよ!



スポンサードリンク






「NO」を伝える時に注意すべき3つの事





コミュニケーションとは・・・
自分のして欲しい事、思いなどを伝えるための伝達手段であり、交渉の手段です。


すべての人は、何らかの手段で、コミュニケーションをしています。


それは、言語以外でのコミュニケーションでも。
表情・声のトーン・身振り手振り・呼吸

相手や自分は、お互いに、これらの変化を微妙に感じ取り、
潜在的に「YES」か「NO」かを判断し、動いています。



しかし、色んな理性が働くために、自分の思いと、反する事をいってしまったり、
つい、逃げてしまったり、してしまいがち?なのかもしれません。

そんな事を、繰り返していれば、お互いに「疲れたコミュニケーション」に、
「ギクシャクな人間関係」になってしまってませんか?


それでは注意すべき3つの事です


  1. 迎合(NOと言いたいのに、YESという)

  2. 攻撃(相手が傷つくような、下手なNOの、いい方をいう)

  3. 回避(全く何も言わない)


1の事例(迎合)


「明日、空いてる?」にYESと言ってしまい・・・
「食事に、行こう!」と言われ・・・つい、
「YES」と言ってしまった。

ほんとは、食事に、いく気分ではないのだけれども・・・・



これは、ストレス。
NOと、言えなかったばっかりに
「ほんとは、家でゆっくりしたかった」という、
自分のホントの部分を、押し殺していますね。



私の経験上でいうと・・・(笑)
使わなくて、良かったはずの、交通費や飲食代の事などを、考えると
余計に、ストレスになってしまいます!

ちゃんとした、友人関係であれば、
ちょっと断ったくらいじゃ
相手は、あなたの事を嫌いになったりしませんよ



2の事例(攻撃)


「明日空いてる?」に「どうして?」と聞き返し、
「食事にいこう!」と言われ・・・

「そんなに!急に言われても無理!私にだって、段取りがあるんだから!!!」

とこれは、極端な例かもしれませんが、
相手を、攻めるような、攻撃的ないい方になっていませんか?



これは、その時の感情で、言ってしまい、
後で、後悔するという、パターンもあるでしょう!


または、「気心が知れている」と思い込み、
ズバッと、言ってしまった事って

案外相手は、傷ついているのかもしれません。




「親しい仲にも礼儀あり」です。




3の事例(回避)

「明日空いてる?」に「どうして?」と聞き返し・・・
「食事に行こう!」に「・・・・」

返事をしない。

これは、相手にも「なんで?返事してくれないの?」など
不安に、させてしまいますね。

メールなんかでも、返事をしない
そんな事は、ありませんか?


これでも相手には「NO」は、伝わっていますが、
なんだか、感じが悪いですよね?
不信感につながります。



この3つの例は、極端な事例かもしれませんが、
ご自分の経験に照らし合わせると


案外、小さな事柄で「やってしまっている」と感じませんか?



私が、実にそうだったので(笑)

反省を込めて(笑)
大人で上手な「断り方」情報をお伝えしています♬


「やってしまっている」そんなあなたに、改善策です!
みていきましょう!



スポンサードリンク





効果的な「NO」のコミュニケーション




良好な、人間関係や、友人関係を続けるためには、

相手が、受け入れやすい「NO」を伝える方法を、身に付け、
相手も、自分も、大切にするコミュニケーション力を
自分なりに身に付けておくことが大切です!




a69f6c35d84823d115babe8ac82c487e_s



「NOを伝える時に最も効果的な3つの方法





  1. 残念系(残念ですが、せっかくですが)

  2. デメリット系(逆に足を引っ張る、ちょっと迷惑をかけそうなので)

  3. 代替え系(来週であれば、○分くらいであれば、)




1の事例(残念系)

「明日、食事に行こう!」と言われ・・・

「せっかく、誘ってくれたんだけど・・・ちょっと今週は疲れていて、
家でゆっくりしたいの。ほんと残念!元気だったら魅力的なお誘いだわー!」

という感じです。
これは無理くり(笑)キーワードを入れ込みましたが、
あなたと、会えなくて残念!といいつつ、ホントのこちらの事情もちゃんと伝えましょう!



2の事例(デメリット系)

「明日、食事に行こう!」と言われ・・・


「わー!行きたいんだけど、ちょっと体調が悪くて!
食べて気分悪くなって、迷惑かけちゃいけないし、あなたの話も聞きたいのだけれども
しんどくて、ちゃんと聞けないと、申し訳ないから、また今度にするわ!」


と軽いデメリットを相手に、アピールします。

ビジネスでは、「その分野に関しては、力不足で・・・」といった感じですね。



3の事例(代替え系)

「明日、食事に行こう!」と言われ・・・


「明日は、ちょっと疲れてて、出かけ辛いんだけど、
来週なら元気になっていると思うので、来週で♬また連絡して!」

「私は行けないんだけど、○○ちゃんがあなたと飲みに行きたいって言ってたよ!
誘ってみたら?どお?^^」

などなど!

他の方法を提示します。どれも、そうですが、相手に親身になる事が重要!

誘ってくれたという事を受け止め、感謝してみましょう!

ビジネスなら、「今の仕事がのびてもいいなら」「30分くらいであればその仕事できますよ」
などがいいですね♬


f0bc975f00e9a31ff9654e77397c547e_s




相手を大切に思っている事を伝える





事例

  • せっかく、○○さんから声かけて頂いたのに

  • 今回は声をかけて頂いて嬉しかったです。

  • 次回は是非ご一緒したいです。


などですね。

断る理由を伝え、感謝や相手を大事に思っている事を
しっかりと伝えましょう!

理由よりも、人はこの部分で響く事が多いですよ!




表現力で「NO」と伝える方法




  • 感情をオーバーにする(あ~!残念!。うわ~どうしょう。え?!困ったなぁ。)など

  • 頭をかかえる、残念な顔をする、言葉に感情を込める



こんな方法も、取り入れてみてくださいね♬




今回は色々、事例を挙げながら、みてきましたが、
その人をみて、どの断り方で、響いているのか?をちゃんと見極めるのも大切です。

断り方で損をしないようにしていきましょう!



一番大切なのは、相手の提案に対しての共感と相手への敬意!



  • 相手への気持ちをくむ、受け止める、頭から拒否をしない。

  • 「NO」と一緒に、あなたを大切に思っているという事を、伝える(言葉・姿勢・表情)

  • 感情を込めると、相手は無理を言ってしまったかも?となる



これらを踏まえながら実践してみましょう!
頭で、覚えたり考えているだけでは、コミュニケーション力は付きません。

日常生活で、いかに実践しているかです!



10個の知識より1個の実践♬
上手に断って、周りの人からの信頼度もアップさせる人生を送りましょう!


色んな生活のシーンで実践してみてくださいね♬










コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ