ビニールの凧の作り方!お正月は子供と簡単に手作りしよう!

ビニールの凧の作り方!お正月は子供と簡単に手作りしよう!お正月の遊びといえば!

かるた取り、コマ回し、凧上げ!が、
一般的ですね。

日本の伝統的な、お正月遊びなので、
親としては、
子供が小さな時から、親しみやすい形で、


継承していきたいですよね。


今回は、お外で思いっきり走って遊べる、
凧上げの「凧」が簡単にビニールを使って、手作り出来るので、

ご紹介したいと思います!



何も買いに行かなくても
今すぐ!
このブログを見ながら、作れちゃうほど、
簡単です。

簡単に作れて、お外で元気一杯に、
走って発散♫

そして、伝統的な遊びの、継承!

良いことだらけです♪

では、どんな凧か?みていきましょうね!


スポンサードリンク





ビニールの凧ってどんなたこ?!



それでは、完成作品からみていきましょうね♫

じゃ~んヽ(*´∀`)ノ

IMG_5481


見るからに、簡単そう!と、
感じた事と思います♪

走って、風を受け、ふわっと飛ばす感じですね♪


なので、思い立ったが、吉日?!(*´∀`*)

いえ。1時間以内にすぐ出来るので、
吉時間です(笑)

材料からみていきましょう!



ビニールの凧の材料はなぁに?!


何色にしようかな~♪
などアレンジも考えながら、みていきましょうね♪

お子さんと相談しながら、みていくのも、
楽しいと思います♪


材料・準備物
  • ビニール袋(洋服を買った時にもらえるような、厚めのもの)

  • 紐(たこ糸、麻紐など、お家にあるものでOK!)


  • 油性マジック


  • シール(お好みで♪)


  • 折り紙・画用紙(お好みで♪)


  • パンチ(なくても大丈夫です)


  • ハサミ


  • セロハンテープ(ビニールテープや、ガムテープでもOK)



今すぐに揃うものばかりではないでしょうか?(*´∀`*)

では!

早速作っていきましょう♪


スポンサードリンク




ビニールで簡単な凧の作り方!



  1. ビニールの袋を正方形に切っていきましょう!
    この場合、30×30位です。

    この写真↓は洋服を買った時の物です。



    正方形になるように、切って、
    袋とじになっている所も、切り離して、
    一枚にしましょう!


    つまり、使用する時には、ビニールが二重になっていません。


    このビニール袋にはありませんが、
    持ち手が、ついている袋もあると思います。


    持ち手は避けて、切りましょう!

    IMG_5476

  2. 裏表に、装飾をしていきます。

    油性マジックで、好きな絵を描いたり、シールを貼ったり、


    色紙や画用紙で、好きな模様や形を切って、
    貼り付けても、楽しいですよ!

    IMG_5478


  3. 対角線上に、2箇所穴を開けます。
    パンチでもいいですし、
    ボールペンなどで、グイグイ開けても構いません♪

    IMG_5479


  4. 2箇所、穴をあけた所に、一本の紐の両端を通し、結びます。

    IMG_5480

    角は、引っ張ったりすると、
    破れやすいので、
    くくってから、またセロテープなどで補強もおすすめですよ!

    IMG_5482

    今回の紐の長さは、撮影の関係もあるので、
    子供が両手を横に広げたくらいより少し短めです。


    IMG_5488


    大人が両手を広げたくらいでやってみても構わないと思います!

    子供の様子をみて、切ったり、継ぎ足したりできるので、

    ちょっといい加減な長さでも大丈夫です♪




はい♪これだけで、もうお外で元気に走り回って、
凧上げが出来ちゃいます♪


ではでは!
次に、アレンジの仕方をみていきましょう!


ビニールの手作り凧!アレンジも簡単にできちゃう!


アレンジの仕方によって、
凧の上がり方も違うので、色々作ってみるのもいいですよね♪

ここに載っている以上に、お母さん自身のアレンジ脳を、
パワフルに働かせて、みていきましょうヽ(*´∀`)ノ



色を色々考えてみる!

色んなビニール袋があると思います。


  • 元々、印刷されているお子さんの好きなキャラクターのビニール袋



  • お菓子やおもちゃを買った時にもらえる、かわいいカラフルなビニール袋


  • もし、無地で綺麗なものが良いなら、
    色の着いたゴミ袋が売っていますね!青や白、黒なら、
    一般的なので、どこでも売っています



  • キレイで、いつか使えるかも?と
    大事にたたんで、置いてあるビニール袋!
    それです!(笑)


こんな事を参考に、


お子さんと相談して、好きな色で作ると良いですね♫
それだけで、作る気持ちアップです♪



竹ひごを使ってみる!

ちょっと本格的な凧っぽい?!(*´∀`*)
シャキっとした凧になるので、

見た目もかっこいいですし、
上がり方もまた違います!

IMG_5484

この様に、真ん中へ十字に入れるだけで、
随分とシャッキっとした凧になりますよ~♪


もちろん、角までキッチリと竹ひごを、入れてあげても構いません!


竹ひごが、擦れる、刺さる・・で、
ビニールが破れる事も!

扱い方も丁寧に・・・が必要になってくるので、
お兄ちゃん向けですね♪



4角に穴を開けて、パラシュート風?!

先ほどは2箇所、穴を開けて、
作りましたが、今度は、4箇所です。

パラシュート風ですね♪

IMG_5486

これを、2箇所穴の時と同様、持って走ります!



パラシュートにしちゃう事も可能!

凧とはちょっと、遊び方が変わりますが、

4角に紐を通して、

紐の持ち手の所に、新聞紙や広告などを丸めたものを、
重りにして付け、

重りの部分を持って、

空へ高く放り投げます!

そして、ふんわり♪とパラシュートが落ちてくるのを楽しむ!


IMG_5485


凧が飽きてきた頃に、どうですか!?(*´∀`*)



アレンジ脳を働かせると、色々アイデアが出てくると思います!

色んなタイプを試してみてくださいね♪


スポンサードリンク




ビニール袋の凧を作って遊ぶメリットは!?




遊びの中で、静と動を作っていくことで、

他の生活の場面でも、メリハリがつくようになったり

今は、これやってるけど!
次はあれだね!

など。見通しを持つという力を養う事になります。



私は、障害児の施設で、日々、子供達と遊んだり、
生活して仕事をしているのですが、

子供にとって、メリハリのある生活や遊びって、
重要だなー!といつも感じています。


座って、お絵かきを楽しく、じっくり取り組んで

次は、外で思いっきり遊ぶ!

これってメリハリです♪


ダラダラ感タップリの、生活や遊びは、気持ちまで
ダラダラしてしまいますものね!


是非、子育ての中で実践してみてください。


そんな事が、この簡単な凧を作って、
遊びの中で、できちゃうのですから!

すばらしい♪


凧を作りながら、日本の伝統的なお正月遊びを、
お母さんの幼い頃の経験などを、お話しながら手作りすると、


楽しさ倍増です♪


お正月!しっかり親子で楽しんでくださいね!



このブログでは、他にもお正月の遊びを紹介しています♪

是非ご覧くださいね♪


↓  ↓  ↓


お正月の遊び!簡単に色ぬり出来る手作りコマで子供と遊ぼう!



凧の簡単な作り方!お正月にはレジ袋を使って子供と手作りしよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ